変わるお見送りの形

葬儀

自分らしくお別れしたい

葬儀の形は、時代と共に移り変わります。以前はご近所とのつながりが密で、葬儀に関しても町内会が機能していました。町内会から知らせが来て、人々は葬儀や通夜に参列したり手伝いに行ったものでした。しかし最近では近隣には知らせず家族葬を行うケースが増えてきています。このような場合、新聞のお悔やみ欄などにも載せることを控えることもあり、故人と親しくしていながら、友人や知人が亡くなった事実を知らずに過ごすことも珍しくありません。エンディングノートを残しておくと、知らせたい友人や知人をリストアップすることができます。柏原の葬儀会社では無料でエンディングノートを提供してくれるところもあります。葬儀会社の説明会など会社のイベントに参加するとノートの書き方指導もしてくれます。柏原の会社は、サービスが充実していますので、上手に利用してみましょう。柏原の家族葬は、故人の希望や宗教にとらわれずに葬儀を行いたい、費用を抑えたい、家族だけでなく親族やごく親しい友人だけで行いたいなど、故人の希望を色濃く反映させられる点が魅力です。告別式は行わず葬儀のみで済ませることも可能で、葬儀会社も時代のニーズに合わせて様々なタイプの家族葬を用意しています。冠婚葬祭では、地域や昔からのしきたりが求められます。柏原の葬儀会社は、葬儀のしきたりにも精通しているので、礼儀やマナーで失礼がないようしっかりとアドバイスをしてくれますので安心です。